普通のみそで作る「鮭の西京焼き風」

鮭の西京焼き風

じゃばみ(@jabamichan)です。

前回の記事では、手作りのみそのレシピをご紹介しました。

タッパー 手作りみそタッパーだからそのまま使えて便利!1年中作れる「手作りみそ」の作り方を写真で丁寧に教えます

今回は、そのみそを使って「鮭の西京焼き風」を作りたいと思います。

西京焼きは、「白みそ」を使用する料理。

ただし、白みそは好き嫌いがあるし(相方は苦手なのです・・・)、料理を選ぶので使い切るのが大変。

特別なみそを買わなくても、おうちのみそで作っちゃえ!という考えです。

本物の西京焼きは、お店で食べりゃいいのです。笑


【鮭の西京焼き風 材料】

鮭の西京焼き風

・生鮭の切り身(塩鮭じゃないもの) 好きなだけ

・みそ

・みりん

・きび糖

が家では、きび糖を使っているのですが、もちろん普通の砂糖でOKです。

より上品な味にしたい方は、「ゆずの皮」をみそに加えるといいですよ。

鮭以外だと、タラやサワラもおすすめです。


【鮭の西京焼き風 作り方】

1. 鮭の切り身を水でさっと洗い、ペーパーで水気を拭き取る

の生臭さ(トリメチルアミンという成分)を取るためです。

これはいろんな方が記事にされてるので、気になった人は検索してみてください。


2. みそ・みりん・きび糖を2:1:1の割合で混ぜる

れが鮭の漬けダレになります。

ケチらず多めに作るのがポイントです。

鮭1切れに対して、みそ大さじ1が目安です。


3. 鮭の切り身の両面に2の漬けダレをたっぷり塗って、ラップをし、冷蔵庫で半日〜1日置く

っぷり塗る・時間をしっかり置くのがポイントです。

どちらも、ケチると全然味が入っていきません。(失敗済み)

塗った状態で1つずつラップに包んで冷凍保存しておけば、便利なおかずになります。


4. 鮭についたみそをペーパーなどで軽く落とし、焼く

き方は、グリルでもフライパンでもお好みで。

置く時間が半日未満の場合は、味があまり入ってないのでみそを残して焼くほうがいいです。

ただし焦げやすいので、火加減に注意。

片面3〜5分ずつ、じっくりと火を通して焼き上げます。


【フライパンは簡単だけど身が縮みがち】

左が魚焼き網・グリルで焼いたもの、右がフライパンで焼いたもの

なみに、フライパンはいろいろ楽ですが、少し身が縮んでしまいます。

めんどうだけど、グリルが一番おいしい。

てなわけで、私自身はグリルパンを愛用しています。


【レシピカード】

人使用に限り、印刷して使っていただいてかまいません。(B5サイズ推奨)

自由に書き込んでカスタムして使ってくださいね。

鮭の西京焼き風 レシピ