【レシピ】生の高菜から作る「高菜漬け」

ーパーにある野菜の直売コーナーで「高菜」を発見。

つい珍しさに買ってしまいました。

あとで調べましたが、葉っぱが紫色だったので「丸葉紫高菜」という種類だったみたいです。

高菜とは「からし菜」の一種。

試しに葉っぱをちぎって食べてみたら、からいのなんのって。。。

炒め物や白和えにして食べる方法もあるみたいですが、夫はからいものが苦手なので、おとなしく漬物にすることにしました。


※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

【高菜漬けの作り方】

1. 高菜を水でよく洗って水気を切り、半日ほど干す

菜は干すことで水分が抜け、茎がやわらやくなって漬けやすくなるのと同時に、甘みも出ます。

使用したのは、ホームセンターで買った「干物用ネット」に巻きすを敷いたもの。

私はマンション暮らしですが、いつもベランダの物干し竿に吊り下げて使っています。


2. 高菜の重さの3%の塩と高菜をビニール袋に入れ、よくもみ、水を少々入れて口をしばる

を入れるのは、水分が少ない野菜を漬ける時に傷みにくくするためです。

「呼び水」と言います。


3. 重石をして常温で3日放置

漬物の乳酸発酵に最適な温度は25〜28℃

自分が心地いいと感じるお部屋に置いてあげるのがいいです。


4. 漬け汁から取り出し、水で洗ったらできあがり

の写真が3日後の高菜。

左下に白っぽいものが見えますが、これは「産膜酵母」というもの。

乳酸発酵がうまくいったしるしです。

漬け汁が茶色なのは、高菜の紫の色素が出てるからだと思います。

これを、水洗いして、干した時の汚れやアクを取り除きます。

しっかり洗っても、塩味は十分に入ってるので大丈夫。

水気をしぼったらできあがりです。


【高菜漬けの使い方】

まるまる1枚でごはんを包んで「めはりずし」

めはりずし

い茎の部分は細かく刻んで、ごはんに混ぜ込むといいです。


細切りにして、ごま油、しょうゆ、鷹の爪、砂糖、ごまを加えて炒めて「油炒め」

高菜の油炒め

でに塩気がしっかり入ってるので、おしょうゆは少なめで大丈夫。


他にも、中華スープや野菜炒め、チャーハンなどなど、いろんなお料理に使えます。


【レシピカード】

人使用に限り、印刷して使っていただいてかまいません。(B5サイズ推奨)

自由に書き込んでカスタムして使ってくださいね。

高菜漬け レシピ