【3つの救済方法】黄色くなったブロッコリーは、茹でて◯◯◯◯にすると最強食材になります

黄色くなったブロッコリー

んだんと秋が深まってくると、旬を迎えるブロッコリー。

今はスーパーで年中買えますが、ブロッコリーの旬は11月から3月なんだそう。

ビタミンC、葉酸、ビタミンK、ビタミンE、スルフォラファン(なんだそりゃ?)など栄養たっぷり。

疲労回復や、かぜの予防、便秘予防などに効果があるみたいだし、積極的に食べたい野菜ですね。

ところが、ブロッコリーってすごく足が早い。。。

買ってちょっと置いといたら、あっという間に黄色く変色していた、なんてことはよくありますよね。

この記事では、そんな黄色くなったブロッコリーの救済方法をご紹介します。


※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

【黄色いブロッコリーは食べられる?味は?】

なみに、なぜブロッコリーは黄色くなるのか。

実は、ブロッコリーの食べる部分は、お花のつぼみ

時間が経つと、花が開くため黄色く見えるのですが、食べても問題ないです。

(茶色や黒色の変色は傷んでる可能性が高いので、気をつけて見てくださいね。)

とは言うものの、栄養素を花にうばわれるため、味や食感は落ちてしまいます。

苦味があったり、食感がボソボソしてしまいますよね。。

なので、黄色くなったブロッコリーは、ひと工夫するのがおいしく食べるコツなのです。


【黄色いブロッコリー 3つの救済方法】

1. 濃い味付けの炒め物に

ちらは、豚肉とブロッコリーのガーリック炒め。

ガーリックの香りで、ブロッコリーの味をマスキングしつつ、油で炒めるのでボソボソ食感がマシになります。

他にも、オイスターソース、焼き肉のタレ、アンチョビなど、パンチのあるソースと合わせるのがおすすめ。

↓↓イカの塩辛と合わせてガーリック炒めもおいしいですよ!

イカの塩辛とブロッコリーのパスタ【アレンジ】イカの塩辛・にんにく・オリーブオイルで作る簡単イタリアン

2. かきあげやフリッターに

をつけて揚げることによって、見た目とボソボソ感がごまかせると同時に、甘みやうまみがプラスされて味の面でもカバーできます。


3. 茹でてペーストに

れが私の一番おすすめする方法です。

まずはブロッコリーをやわらかく茹でて・・・

ミキサーなどでペースト状にします。

製氷皿などに入れるか、ジップロックにうすくのばして冷凍して使います。

これは、以下のような料理で、栄養をプラスしたい時に使えます。

・牛乳・コンソメ・マッシュポテトと一緒に温めてポタージュスープに

・カレーに混ぜ込んで

・パン、お好み焼きなどの生地に混ぜ込んで

・ベーコン、粉チーズと一緒に温めてパスタソースに

単品ではそんなに栄養がないものでも、ブロッコリーペーストを入れるだけで栄養価がぐっと上がります。

おいしくないブロッコリーだと思ってしぶしぶ使うよりも、むしろありがたく使えるので精神的にもいいです。

見た目も食感も、これなら気になりません。

ぜひ、お試しください♪