【レシピ】簡単でおいしい!甘夏1つで作る「甘夏酒」

甘夏酒

レッシュな甘夏が手に入ったら、甘夏酒を仕込んで未来に楽しみを作っておくのも、幸せに暮らすための1つの方法です。

この記事では、甘夏が1つで作れる、簡単な甘夏酒の作り方をご紹介します。

常温保存で数年楽しめます。

甘みのあるお酒ができるので、炭酸水などで割って飲むのが好きな人におすすめです。


※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

【甘夏酒の材料】

甘夏酒 材料

・甘夏 1個(約300g)

・氷砂糖 150g

・ホワイトリカー 600ml

果実に対して、氷砂糖は2分の1、ホワイトリカーは2倍で覚えておくと、甘夏の数を増やしても応用できます。


【甘夏酒 作り方】

1. 甘夏をぬるま湯でよく洗って皮をむく・保存容器を消毒しておく

は漬け込んだ後取り除きやすいよう、なるべく繋げてむきます。

白い部分は苦味の元となるので、薄くむくのがポイントです。

皮は香りづけなので、むきやすい部分だけで大丈夫です。


2. 甘夏の実のまわりのワタを取り除き、実を4〜5等分に輪切りにする

タ、種も苦味の原因となるので、丁寧に取り除きます。

実は上の写真のように輪切りにします。


3. 氷砂糖と甘夏を交互に容器に入れたら一番上に皮を入れ、ホワイトリカーを流し込む

夏と氷砂糖が交互に層になるように入れます。

皮は一番最初に取り出すことになるので、一番上に入れます。


4. 冷暗所で1ヶ月保存し、1ヶ月後に皮を取り除く

1ヶ月経ったら皮を清潔なトングなどで取り除きます。


5. 3ヶ月後、実を取り除いたらできあがり

夏のエキスが溶け出しているのが見てわかります。

実を清潔なトングなどで取り出します。

この時に、沈殿などが気になるようであれば、こして別の保存容器にうつします。

私は特に気にならないので、このままの容器で置いてます。


【レシピカード】

人使用に限り、印刷して使っていただいてかまいません。(B5サイズ推奨)

自由に書き込んでカスタムして使ってくださいね。

甘夏酒 レシピ