じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【レシピ】余った赤しそで作る水不使用の「赤しそビネガー」

赤しそビネガー

じゃばみ(@jabamichan)です。

梅干し作りで余った赤しそは「赤しそビネガー」に。

材料で用意した酢のビンにそのまま入れるので、容器の準備もいらないし、冷蔵庫でもかさばりません。

炭酸や牛乳で割るなど、ふつうのビネガードリンクと同じような楽しみ方ができます。


【赤しそビネガーの材料】

赤しそビネガー 材料

・赤しそ 葉のみの重さ80g〜300g(お好みで)

・酢 500ml

・砂糖 250g

った赤しそを使うので分量はマチマチですが、80gほどの赤しそしかなくても、色も風味もちゃんと出ますよ。

ムダなく無理なく楽しむべし。


【赤しそビネガー 作り方】

1. 赤しその葉をたっぷりの水で洗って水気を切る

赤シソ

2. 赤しその葉と酢を酸に強い鍋に入れ、中火にかけ、グラッとしたら弱火にして10分煮る(その間に酢のビンを湯せんにかけておく)

赤しその葉を酢で煮るところ

鍋は必ず酸に強いホーローかステンレスを使うこと。

沸騰させると、酢の水分が飛んで酸味が増すので、沸騰させないくらいの火加減にすることがポイントです。

酢の蒸気でむせそうになるので、換気しながら加熱しましょう。

酢に色素が溶け出たところ

10分ほどたつと、上の写真のように酢に赤い色素が溶け出します。

その間に、別の鍋に水をはり、酢のビンを立てて湯煎にかけておきます。(温度差による破損を防ぐためです。)


3. 網じゃくし等で赤しそを取り出し、鍋に砂糖を入れて溶かして火を止める

しそのしぼりカスは、ふりかけにするとおいしいのでとっておきましょう。(記事下に関連リンクを貼っております。)

赤しそのしぼりカス

4. 湯煎しておいた酢のビンにろ過しながらうつし、粗熱がとれたらできあがり

赤しそビネガーをコーヒーフィルターでろ過する

はいつもじょうごとコーヒーフィルターを使ってろ過しています。

粗熱がとれたらできあがり。

経験上、冷蔵保存で1年以上もってますが(2年前のがまだある)、1年ほどで消費するのがよさそうです。


【レシピカード】

人使用に限り、印刷して使っていただいてかまいません。(B5サイズ推奨)

自由に書き込んでカスタムして使ってくださいね。

赤しそビネガー レシピ

余った赤しその使い道、「もみしそ調味料」もおすすめです。

下の記事もよかったらご覧ください。

もみしそ調味料余った赤しそで作る「もみしそ調味料」の作り方

赤しその搾りかすを使った「ソフトふりかけ」の作り方は下の記事でご紹介しています。

赤しそソフトふりかけ【レシピ】赤しその搾りかすで作る「赤しそソフトふりかけ」