じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【お盆】抹茶をたてて「おはぎ」を楽しむ日

抹茶とおはぎ

【小さい頃は和菓子が苦手だった】

が小さい頃(昭和の終わりがけ)、ばあちゃんがお盆に作っていた「おはぎ」。

にぎりこぶしほどの大きなもので、あんこがたっぷり。

当時、洋菓子至上主義かつ、豆が大嫌いだった私は、あんこにも苦手意識がありました。

それに加えて、うちの「おはぎ」はお米の粒が残ってブツブツとしてて、その食感も苦手でした。

だから、おはぎを見ても食べたいとは思いませんでした。


【おはぎを抹茶とともに楽しむお盆】

れから30年以上の年月を経て、ばあちゃんはこの世を去り、私はアラフォーに。

ここ数年、自分の好みの変化に自分でも驚くのですが、和菓子を好んで「食べたい」と思うようになったのです。

「あんなに苦手だったのに、なんでこんなにあんこを欲してしまうのだろうか」

栄養を調べてみると、小豆には鉄分とポリフェノールが豊富に含まれているらしい。

私の慢性的な貧血が、あんこを欲してしまうのかもしれない…なんて、妙に納得したりして。

和菓子のおいしさに目覚めて、ますます食い意地に磨きがかかっています。

そして昨日、スーパーのチラシに、おはぎと桜餅のパックが載っているのを見て、わざわざ買いに行ってきました。

どうせなら、と抹茶も一緒に買って。

抹茶とおはぎ

おはぎには「魔除け」と「五穀豊穣」の意味があって、ご先祖様にお供えしたものをお下がりとしていただくのが、昔からの慣習となっているようです。

コロナ禍で長らくお墓まいりもしていませんが、せめて心の中で思うだけでも立派な供養だと、私は思います。

……と、あえて書いちゃうのは、「おはぎが食べたい」という欲求に、意味をつけたいだけなのかもしれませんが。笑

とにかく、お抹茶とおはぎは最高においしい。(当たり前か)

これは毎年のお盆の新定番にしたいと思います。


【ばあちゃんのおはぎが食べたい】

んな風に、おはぎのおいしさを知った今だからこそ思うこと。

ばあちゃんのおはぎが食べたいな〜って。

ばあちゃんがおはぎを作っているところを見たこともないけど、きっと家族みんなのことを思いながら作っていたにちがいない。

今さらそんなことを思っても、どうしようもないのにね。

だから、私は来年のお盆には、ごはん粒がブツブツの、にぎりこぶしほどの大きさの「おはぎ」を作ってやろうと、新たな楽しみができました。

その時には、またブログに書けたらいいなと思います。

読者様も、ぜひステキなお盆をお過ごしください。